令和3年2月14日(日)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

福島県沖を震源とする地震について(3)

 昨日23時7分頃に発生をいたしました福島県沖を震源とする最大震度6強の地震により被災をされた全ての方々に心よりお見舞いを申し上げます。被害状況でありますが、人的被害については(午前)8時現在のまとめで、重傷3名、軽傷70名との報告を受けております。このほか40件弱の救急搬送が生じているとの報告も受けております。また、午前6時現在の建物被害については、宮城県岩沼市や登米市で2件の被害が生じております。なお、福島県内、宮城県内では3件の火災が発生したものの、現在は鎮火したとの報告を受けております。交通関係ですが、鉄道に関し東北新幹線、秋田・山形新幹線が一部区間で運転の見合わせ、高速道路に関しては常磐自動車道での、のり面崩壊が生じております。現在、土砂の撤去中でございますが、併せて人的被害がないか関係機関において確認が行われております。これを含めて4路線6区間で通行止めとなっております。ライフラインですが、電力については30戸の停電に、(午前)9時45分現在となっております。通信については、携帯電話について一部地域でエリア支障が生じておりましたが復旧済みとのことであります。水道については、断水が少なくとも約4,800戸との報告を受けており、厚労省において応急給水できる体制の整備が進められているところであります。また、自衛隊の災害派遣に関してでありますが、本日9時に福島県知事より給水支援に係る自衛隊の災害派遣要請があり、現在、部隊が活動開始に向け準備を進めているところであります。

福島県沖を震源とする地震に関する関係閣僚会議について

 先ほど(午前)9時から関係閣僚会議を開催をいたしました。総理からは引き続き、被災自治体と緊密に連携し、余震や土砂災害など二次災害への警戒を継続するとともに、国民の皆様への的確な情報提供、災害応急対策に万全を期すよう指示がございました。地震発生から1週間程度、最大震度6強程度の地震に、是非、注意をしていただきたいと思います。特に今後2から3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くございます。また、明日15日は低気圧の影響で、特に宮城県や福島県の沿岸部では強い雨が降り、雨量が多くなる恐れがあります。今回の地震で揺れの大きかったところでは地盤が緩んでいる可能性があります。土砂災害には十分注意をしていただきたいと思います。政府としては総理の指示の下、引き続き、関係省庁が緊密に連携し人命を第一に最大限の対応を行ってまいります。

関連リンク